早朝散歩

東北の四季を写真で綴る三行日記

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

講習会

20060827185730.jpg



小林保雄師範に会いに、この街までやってまいりました(´□`)/
高速バスで片道3時間なり。

楽しい講習会でした~☆
小林師範はにこやかで体格の良い方で
講習会は終始笑いに包まれ楽しい雰囲気。

師範が模範技を見せて講習生が真似る、というのではなく
小林師範がウケをとり、講習生にトリをさせるというもの。
師範は白帯を好んで指名してるように思いました。


技は、というと、まずは横面打ち入り身投げ。
最初は横面打ちだけど、最終的に相手を投げるまでに5パターンくらいの
バリエーションで体を捌くというもの。
そんな感じで、横面うちの四方投げも。
後ろ取り胸取りで足をすくう技とか、腰をすくう技もやりました。

一度やった技を講習生ができたかどうかみるために
再度講習生にやらせてみたのが「上手いな!」と思いました。
というのも、一度やってみても本当に身に付いたか?本当に覚えたか?
というのは怪しいところ。

またしても白帯君達をご指名して技を掛けさせ
あーでもない、こーでもない、とやってました。
師範は決して「お前何聞いてたんだ!」と怒るわけでなく
「うんうん、ちょっと違うな~('ー`)」みたいな感じで和やか。

これって、有段者で長年合気道を続けてきてる人に特に有効ではなかと思います。
私の経験では、1つの道場で続けている年配の方は
新しい技を吸収しようとしない(できない?)傾向があるような気がします。
なので何度も同じ技をやってみることで覚える、というわけです。
やっぱり師範の模範演武を見るだけだと
なかなか自分のものとして覚えられないのかなぁと思いました。
実際、今日組んだ60代と思われる有段者の方は相当混乱していた様子。


今日は小林師範だけではなく他の偉い人も東京からいらしたらしく
その時は私は良く分からなかったのですが、私と組みました。
横面打ち→一教→転換→相手の腕を自分の肩に巻き込む→投げる
という応用技を2人でやっていると。
どこかの道場長の2世が、世話役のおじさんに連れられて
「稽古してやって下さい」と、3人で稽古することになりました。
2世君は高校生か大学生の男子。
2段くらいだろうとは思いますが極度に緊張状態していたようで動きが固い。
"相手の腕を自分の肩に巻き込む→投げる"の時に、トリが膝を付くのですが
2世君が、ウケをしてる私の足の甲を思いっきり膝でガツンと踏みつけたので
骨が折れたかと思いました(つД`)イタイ…
「すみません」と、機械的に謝ってましたが。
現在ブンズ色に腫れております…
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://chibikuri.blog37.fc2.com/tb.php/260-17ad96d2

 | HOME | 

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

栗

「趣味は早起き」と言いたくて朝の散歩をしていました。
今は早朝散歩より深夜徘徊ばかり??

栗(27歳♀)がお届けする早朝散歩メインの日記です。
朝の散歩に絞った広がらない話題をどこまで広げられるかが永遠の課題。
一枚の写真をメインに三行日記でほぼ毎日更新中。
四季の風景のほかに趣味の合気道とJAZZも書いてます。

直接私を知る方
間接的にネット上でのみ私を知る方
今始めてこのブログを見た方
コメントし難い日記になってますが
日記の内容と関係ないコメントでも
OKです。

コメント、リンク、トラックバック大歓迎。
アダルトサイトへのトラックバック等
不適切と判断した場合削除させていただきます。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。