早朝散歩

東北の四季を写真で綴る三行日記

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

週末は

20061018184247.jpg



今週、寺井尚子さんのジャズ・バイオリンを聴きに行くので
久々に週末はジャズ三昧でした。
ジャズは毎日聴いてはいるけど、偏りがあったなと反省。

今日は一日中クレオパトラの夢が頭を駆け巡ってました。
スポンサーサイト

コメント

寺井さんはいかがでしたか。
以前は私もよく聴いていましたが、最近はずっとご無沙汰しています。
さて、土曜は阿佐谷ジャズストリートに行ったのですが、早起きはしていたものの、家を出るのが遅くなり、
結局、会場の細田工務店で桂君を聴くのは諦めて、小学校の体育館で
It don't mean a thingを聴いただけでした。
バックのメンバーは知らない人ばかりでしたが、ピアノはハモンドオルガンでしたので、
テンポはいつもと同じ早めでしたが、いつもとちょっと違う音で楽しませてもらいました。
他は、Dr,B,T.Sax,Tpでしたが、Drは体格の良い若い女性でした。

聴くのを諦めたというのは、2回目のステージの整理券をもらうのに1時間半待ちで、
そのまま立って待つのは疲れるのと、回りから係りの人への苦情が耳に入るのが不愉快だったから
ですが、これからブログなどで不満の声を目にするかもしれません。
って、私がまず書いてしまいましけど。(笑)
というわけで、聴きに言ったらK-JIBANに書き込むのを信条としていますが、
何だか書きにくいなあというところです。

阿佐谷のイベントはほんとに街のお祭りという感じですが、会場が普通のホールではないし、
あまり過度な期待は持たないほうがいいようです。

でも、他でいいのを聴けました。
ベースの古野光昭さんとチェロの吉川さんのデュオで、古野さんは、桂君がマルタさんと
NHKに出たときに見たことがあるぐらいでしたが、噂どおりによかったです。
曲はワルツ・フォー・デビイやりベルタンゴ等でしたが、歌うようにベースを弾き早弾きもあり、
今日の収穫はこの人と、あとは、駅前の人間ジュークBOXのTpのおじさんでした。
そのTpのおじさんは、黄色いビニールで囲んだ箱の中に入っていて、前には四角い窓が開いていて、
演奏(1分半ぐらい)が終わるとふたが閉まるのですが、書き出されているJAZZやポップスの
曲目から1回200円でリクエストするようになっていました。
右手でTpを吹きながら、左手でタンバリンを振って、終わると、笛をヒュルヒュルと鳴らしながら、
青いふたを閉め、上からお人形の頭を出してシャカシャカ鳴らしたり、
ユーモラスでついつい見入ってしまいました。
お祭りのときに出張して来てくれるといいのになんて思いました。

遅くなりましたが

コメントの返事が遅くなりました。
多忙は多忙ですが、まだまだ改善の余地があるので言い訳です。

shuheiさんは阿佐ヶ谷のジャズストリート行かれたのですね。私の友人も行ったようですがまだその時の様子を聞いてません…きっと彼女なりに楽しんだのではないかと思います。ハモンドオルガンとは、どんなものか想像を逞しくしているのですが、きっと古風なタイプのオルガンであるのだろうと考えてますが、どうでしょう。ジャズフェスティバルなどは色んな人を楽しめるので良いですね。私も帝国ホテルで楽しみました。とはいいながら、自分の好みは狭いからか、ヒットするジャズメンに出会うことは幸運が必要なのかなと思ったりもしました。ピアノが良くてもドラムがイマイチだったり、ベースが良くてもトランペットが良くなかったりと、組み合わせにもよりけりです。と、一人前のリスナーのコメントをしてみました。
実は先月スウィングでTOKUを聴きに行ったのですが、期待していただけに落胆してしまい1stで帰りました。TOKU自身はまずまずでしたが、ドラムの男性が若いため「叩きたい、叩きたい!」って感じで私の好みではなく残念です。もうジャズは桂さんで必要十分、とさえ思ってました。そんな中、家の近くで寺井尚子さんがやってくるとの情報を得、バイオリンを習ってる女性に話してみたところ、とても乗り気だったので、聴きに行ってきました。尚子さん、とても良かったです。以前、桂さんがシティで歌っていた時、バイオリンって温かい音なんだなと、再確認。昔取った杵柄ではないですが、バイオリンの魅力にも尚子さんのお陰で気付きました。
その内またバイオリンでジャズを聴きたいです。

ハモンドオルガンと言っても、Webで検索すると出てくるXK-1みたいな
ポップスやロック系などで使われるキーボードタイプのものでした。
やっぱり、名前だけ見ると、大き目の古風な感じがしますよね。

ドラムは、うるさい感じになる人がいるようですね。
桂くんのドラムはJAZZスタンダードにぴったりで、嫌なところを
感じさせなくていいですよね。特に凄いことをするわけ
ではないけれど、きれいにSwingしているから、心地よいのでしょうね。
今年の東京JAZZをTVで見ていたら、昔、フュージョンの凄い
ドラミングをしていたオマーハキムがスタンダード曲でブラッシング
していて、桂くんの方がいいなと思って、妙な感じでした。
その人のテンポは、Swing感がちょっと足りなかったんですけど、
いっぱい叩けばいいってものでもないんですね。
ということは、TOKU氏のバックで桂くんがドラムを叩くといいんでしょうね。(笑)
レコード会社の関係で、競演はかなり難しそうですけど。

東芝EMI

「ドラムはJAZZの屋台骨」というキャッチフレーズを見たことがあります。脚光を浴びることは少なくても、なくてはならない存在ですがそんなに主張しないで欲しいというのが、私の感想です。というわけで、桂さんのドラムはピカイチだと思います。と、べた褒めしてみました。あのブラシという、卵をかき回すために使う調理器具のようなものは、JAZZでしか使用されないものなのか未だに謎で、登場する度に興味深く見ています。

はてさて、今年は桂さんはCDを出さないという情報を私は5月のシティで隣に座った年配の女性から聞き、「J-POPはやらない。僕はJAZZだけ。」という桂さんの信念を垣間見た気がしていましたが、東芝EMI本体に大きな動きがあったことを最近のニュースで知りまして、そういうことが影響しているのかなと考えましたが、真相はどうなのでしょうか。
ダウンロード度限定アルバムがでたそうですが、今までの焼き直しだということですね。映像などの特典はついているのならば買わずにいられないのですが、そこら辺が不明なので二の足を踏んでいます。shuheiさんはダウンロードされましたか?

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://chibikuri.blog37.fc2.com/tb.php/295-73102514

 | HOME | 

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

栗

「趣味は早起き」と言いたくて朝の散歩をしていました。
今は早朝散歩より深夜徘徊ばかり??

栗(27歳♀)がお届けする早朝散歩メインの日記です。
朝の散歩に絞った広がらない話題をどこまで広げられるかが永遠の課題。
一枚の写真をメインに三行日記でほぼ毎日更新中。
四季の風景のほかに趣味の合気道とJAZZも書いてます。

直接私を知る方
間接的にネット上でのみ私を知る方
今始めてこのブログを見た方
コメントし難い日記になってますが
日記の内容と関係ないコメントでも
OKです。

コメント、リンク、トラックバック大歓迎。
アダルトサイトへのトラックバック等
不適切と判断した場合削除させていただきます。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。