早朝散歩

東北の四季を写真で綴る三行日記

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新春

↓人気ブログランキングに登録しています。クリックお願いします。
人気blogランキングへ
20051225080522.jpg

実は、今年に入って早朝散歩はまだしてません。
写真は去年のものを流用。
そろそろ散歩行かないと、身体が鈍ってよくない。
みんなのプロフィールSP
スポンサーサイト

コメント

初めまして、桂くんのK-JIBANに書き込みしている別名リチャードのshuheiです。
どこに書こうかなと思ったのですが、共通点の話題の方は最初何だかわからないと思って、こちらに致しました。

栗奴さんいいですね。
まだ、そういう方にお酌されたことがないので、
そういうところでというのは夢のひとつですが、多分、旅行して街の中で姿を眺めるだけで終わるのでしょう。

12月にSSさんのクリスマスソングを聴くのは、クリスマスケーキを食べるのと同じぐらい恒例になってしまいましたが、忘年会のようでもあり、幸せを感じるひと時ですね。3回ほど行っていますが、一度、大学のときの同じ研究室だった同級生が病気で死んでしまった年は、歌を聴くとやばそうだったので、パスしました。
女性コーラスの暖かさと桂くんの叩き語りが静かでいい感じなので、SSさんのライブには年に2回ぐらいだけど、行っています。

さて、共通点というのは、小手返しでというのでお気づきでしょうが、過去形ではありますが、私も合気道をやっていました。
大学生のときで、初段まで取りましたが、その後は、会社に入って2年間ぐらい時々会社のサークルで練習したのと、OB会で数回練習したぐらいで、もう20年近くご無沙汰しています。技のかけ方は多分まだ覚えていると思うのですが、練習したら、多分1週間ぐらいは大変なことになるでしょう。動き回って、結構な運動量ですよね。それに痛いし、、、。続ける方はそのままずっと続けていらっしゃいますが、私はできませんでした。

北の街の朝の写真を見ていると、何だか小説の中に出てくるところのようですね。私だと徹夜でもしないと見られない光の色なので、よく、見とれています。w
長くなってすみませんでした。
とりあえず、以上です。

>shuheiさん

初コメント、ありがとうございますm(_ _)m
リチャードさんもshuheiさんだったんですね~。
私も昔、K-JIBANでモモと名乗ってました。

栗奴に萌えていただいたようで、ありがとうございます。うふふ。コスプレもここまでくると本格的ですよね…いつもこういう恰好ではないのですよ。と、断り書きしなくても、大丈夫だと思うのですが、念のため。

shuheiさん書き込みを見てから、shuheiさんはスウィングで見かけたかしら?とグルグル考えていたのですが、カウンターにいらっしゃいましたか?もしそうであれば、見当がつくのですが。恭子さんの近くだとすると…ベージュのジャケットをお召しでしたか?いや、ピンクのシャツを…いや…いや…酔っ払ってたのでやっぱり分かりません。すみません。曲の終わりにイエイッ!とおっしゃっていた方がshuheiさんですか?

銀座スウィングは私のジャズライブデビューでした。桂さんの唄を聴くのが目的でしたが、SSさんの唄も楽しめて一粒で二度美味しいライブデビューになりましたv女性コーラスと聞くと力強いものを想像していましたが、とてもソフトで包み込まれるような歌声でステキですね。

shuheiさんは踊りもたしなんでいらっしゃるのですね。社交ダンスですか?ギターも弾かれるそうで、多趣味でいらっしゃって素晴らしいですね。
私はオーケストラと楽団の2つ掛け持ちでヴァイオリンを弾いてました。でもそれは昔々の話。その時は「やらされてる感」があったので全然楽しくありませんでした。その後も音楽自体、楽しく思えなくなって、無音の世界で生きてきました。というのは言い過ぎですね。全くの無音というわけではありませんでした。去年の秋から本格的にJAZZを聞き出してどっぷりはまりました。特に小林桂さんの歌声には救われました。なので、私にとっては意味深い銀座スウィングだったのです。
50歳になったら痴呆予防のためにピアノを始めようと思ってます。。。

shuheiさんはいくつなのかしら?と思ってましたが、大学卒業後20数年ということは、40代なんですね。年上の友人ができるのは嬉しいです。
合気道では年上の方が多く、道場に通って視野が広がった感じがします。大学の部活で合気道を始めて続ける方が多いようです。見た目以上に運動量が多いですよね。全身運動なので運動不足解消、ストレス解消に役立ってます。

ブログの写真はできるだけ新しいものを載せられるようにしています。が、毎日散歩に行っていないので…本当は行きたいのですが。
コメントなしで写真だけ更新するのはダメですよね?shuheiさんが見て下さってることを励みに、なんとか毎日更新できるように頑張ります。

コメントありがとうございましたヽ('ー`)ノ

あの日は、スウィングではカウンター席ではなく、壁側の席に座っていました。そちらからは人の影になってあまり見えなかったのではないでしょうか。
ダンスは社交ダンスです。
年末のウリナリは審査員のコメントが現実的で面白かったですね。左端に座っていた審査員のラテンのチャンピオンだった人は、私の師匠の弟弟子の方なのですが、後で電話したら、あいつ相変わらず○○だねと言っていました。同じ教室で私の先生の方が先輩だったということですが、上下関係厳しいです。w
バイオリンが弾けるのですか、またまた萌え~ですねw。お嬢様ですか。ということは、あの日、五十嵐さんでなく、いつものように小塚さんだったら、Violinが聴けて、もっと印象深いものになっていたでしょうね。洋さんは室内バンドでストリングスを入れてるから、これから楽しみですね。もしかして、もう、バイオリンでJAZZをやっているでしょうか。
桂くんのボーカルだけでなく、他にもいろいろと楽しめるから、これから大変ですねw。
尚、私のギターは全然だめです。どうも、広く浅くのようです。では、また。

>shuheiさん

コメントありがとうございま~す。
やはり社交ダンスでしたか!私も見ました、大晦日の番組。きらびやかな世界でかっこいいですよね~。決勝ダンスの3組を見ただけなので、どのペアが優勝したのか分かりませんが、多分、松坂慶子ペアが優勝されたのでは?表情が豊かでしっとりした色気が魅力的。年齢相応の体型も気にならない大人のダンスを見せつけられたような気がしました。実は松坂慶子さんは私の憧れです。松坂慶子さんや鈴木京香さんのような和風美人になりたいものだと密かに思ってます。とりあえず今は黒木瞳さんを目指しています。脈略ないですね。
左にいらっしゃった審査員といえば、髪が長く眼鏡に髭の男性でしたよね?shuheiさんの師匠と弟弟子の関係でしたか。面白い繋がりがあったのですね。「○○だね」が気になりますが、色々しがらみがあるのですね。。。社交ダンス界では男性人口が少ないと聞いたことがあるので、shuheiさんはモテモテ(゚∀゚)!!異性とスキンシップの多い競技ですから、若返りますねぇ。羨ましい。オヤジ的発言で、失礼しました。

「お嬢様」ですか…ありがとうございます。でも、そのような形容は私には合わないと思います。電車男のエルメスさんを想像されているかもしれませんが、私は節約と貯金が趣味なのです。それに「これ!」と思ったものには果敢に挑戦する大胆さも持ち合わせているので(一言でいえば「出たとこ勝負」)「深窓の令嬢」でもありせん。
バイオリンを弾いていたのは遠い昔の話。今弾けるのかと聞かれれば10年以上弓にも触れていないので弾けないと思います。
アルト・サックス兼バイオリンというのは珍しいですね。管楽器と弦楽器の両刀使いとは…小塚さんとは多才な方なのですね。ライブに行けば色んな発見があるから、どんどん行った方がいいですね。
楽器を弾ける男性は男前が3割増だと公言する私ですが、特にピアノを弾ける男性に弱いです。かっこいいですよね、男性ピアニストvそれとスーツ姿の男性も3割増です。その2点を網羅している小林桂さんは人間性を抜きにして既に6割増。私の心を鷲掴みです。
ギターも長く続ければ弾けるようになると思います(無責任な発言…)。是非とも続けて弾けるようになって下さい。楽しむ事が大切だと思います。

shuheiさんは17日のライブに行かれるそうで、羨ましい。私の次回は年末になりそうです。遠方に住んでいるというのが一番の理由ですが、他にも訳が…モゴモゴ。年末には東京にしばらく住む計画を立てているので、そうなれば可能な限りライブに行きたいと思ってます。その時はBlueNoteにも行ってみたいな~。今は想像を膨らませながらK-JIBANの皆さんのライブレポを楽しく読ませていただくことにします。もちろんshuheiさんのレポも楽しみにしていますね!

ちょっと、早めに訂正を、、

小塚さんは、バイオリンとギターの方ですが、シャイニーストッキングスのHPを見ていくとメンバー紹介があって、写真が出ています。
年齢は私に近いようです。
桂くんの周りにはいろいろな素晴らしい人がいますが、これからひとりずつ知っていくでしょう。

それから、17日は行かないのです。仕事の都合が付いても、次の日が人間ドックだし、一晩考えたのに、そのことは忘れていました。どうも、忘れっぽくなりました。
次の予定は、今のところないですが、2,3月は出張もあって、忙しいので、春までご無沙汰かもしれません。節約もしなくてはいけないし、、。

あと、社交ダンスは、おばさまが多く、私の場合は若返らないです。(笑)
私より若い女性が結構いたら、、うちの奥さんは心配でしょうがないでしょう。桂くんのライブは女性が多いので、心配なようで、、勘ぐられておりますw。ですので、お店ではなるべく孤独を装っています。では、今年の年末は楽しみですね。

すみません。小塚さんの写真は、以前のHPにはあったのですが、今はないようです。

小塚さんはギタリストでしたか。失礼しました。
桂さんの周りの方から少しずつJAZZの勉強していきたいと思います。
17日ダメだってK-JIBANにも書いてらっしゃったのに、適当に書いてしまってすみませんでした。人間ドック、辛いですが頑張ってください。私、人間ドックの胃カメラで豪快に吐いた経験があります。
奥様がやきもちを焼いてくださるなんて、ラブラブなんですね。銀座スウィングで女性とご一緒だったとは奥様だったのでしょうか?そうでなければ同伴女性の存在もちょっと気になるところですが。うふふ。

胃カメラでの再検査は以前に何度か経験しましたが、苦しいので、一度、全身麻酔をかけてもらって検査してもらったことがあります。いつの間にか終わっていましたが、逆に、これでよいのだろうかと考え込んでしまいました。(笑)
人間ドックの検査は、最近は、以前よりは楽になりましたね。何がって言うのは、近くのおじさんに教えてもらってくださいw。瞳孔開きっぱなしとかありましたしね。

先月の銀座スウィングに一緒に行った女性は、K-JIBANにははっきりと書かず、もったいつけてしまいましたが、はい、妻でした。
JAZZはどうも苦手なようなのですが、SSさんはOKなので、12月のSSさんのライブには誘うようにしています。
桂くんのコンサートではないのですが、あるJAZZ系のコンサートの後、ちょっとした感想の違いから、段々と溝が広がって、夫婦喧嘩状態になったことがあって、最近は音楽の話をするときはお互い気を使っています。w
さて、ここは長くなったので、今度は別のところにしたほうがよいのでしょうね。

胃カメラのために全身麻酔するんですね。凄いですね、胃カメラ。
人間ドックの印象深い思い出に、大腸検査の時、医者が診察中「栗さんのお父さん、○○さんですよね?高校が同期なんですよ。」とおっしゃるので「父がいつもお世話になってます」ととっさに体を起こしながら挨拶したら静止されました。「起き上がらないで下さい。リラックスして…」と言われても、大腸カメラ挿入中にする話題ではないですよね。嫌ですね、田舎は世界が狭くて。

K-JIBANでは初夢の話が花盛りですね。
私は昨夜SSさんの夢を見ました。ふらりと立ち寄ったブティックのオーナーが京子さん。さとこさんもいらっしゃいました。社交ダンスばりの派手なギラギラの赤いドレスを強く勧められました。さとこさんも「とっても似合いますよ」と。変な夢ですね。
小塚さんの写真を拝見しましたよ。KEI’S ROOM NO.3にありました。桂さんが10歳になる前から一緒に伴奏されているということなので40歳前後ということでしょうか。白シャツに短髪だったので音大生のようでした。
12日のご一緒した女性は奥様でしたか。面白い展開になるのかなと期待しましたが、残念。夫婦が同じ趣味を持つと喧嘩になると聞いたことがあります。shuheiさんのところもきっとそのパターンだったのですね。
あの日、カウンターには20代の女性が多かったように思うのですが、桂さんが出演されるから客層が若かったのでしょうか?ジャズ初心者なので知らない事が多くお聞きしたいのですが、高価なボトルをキープするとカウンターに座らせてくれるというのは本当ですか?shuheiさんは他の方のライブにも行かれますか?話を伺うとボーカルのあるジャズがお好きなようですが、shuheiさんの一押しのボーカルは誰ですか?質問攻めですみません。
コメント、長くなってきましたね。別の日の日記にコメントして下さって構わないです。このサイトは私が管理者なので、どこにコメントして頂いても把握できるはず…(頼りない)

前のご質問の返事は、ここに書いたほうがわかりやすそうなので、続けます。
先月12日は、ちょっと若い方が多かったような気もしますが、新しいファンの方が割といらしていたのでしょうか。桂くんがいるところに、女性は多いですよね。最近は、他の男性JAZZミュージシャンの方も結構女性を集めているのではないかと思いますが、桂くんは別格でしょうか。
女性同士はすぐにお友達になれていいなと思っています。男じゃなかったら、もっと楽しめるのかなあなんて、時々、思います。w
さて、カウンター席は、予約を早く入れることができたときは、よく座っている気がしますが、一人のせいかなとも思っています。多分、席の割り振りでそうなるのでしょう。ボトルはあまり関係ない気がします。

あと、私の好きなJAZZは、ボーカルものとそうでないのと半々ぐらいかなと思いますが、若い頃は、JAZZスタンダードのボーカルものは好きになれず、あれは中高年の方やあまりこだわらない人が聴くものなのかななんて思って、オリジナル主体のフュージョンぽいのを聴いていました。
でも、カッコつけてJAZZのインストのだけ聴いても、テーマのメロディーが結局よくわからなかったりで、インストにしても、スタンダードからが多いのに、曲名をそう覚えることなく、30代の頃はJAZZからしばらく離れていました。
それが、高校1年のときの同級生で音楽仲間の女性が、村上京子さんのところでJAZZボーカルを習いはじめ、その発表会というダンスパーティーコンサートに誘われて、徐々にStandard JAZZに慣れ始め、今に至っています。
勤務先が6年ぐらい前に厚木から品川に移ったというのが、また、一段と加速することにもなりました。
ボーカルの一押しはそりゃ、いろんな意味で桂くんでしょう。他の人は、そんなにSwingしていなかったり、何かが気になって完全に私の好みにならないのですが、部分的にはいいなと思う人はいます。Nativeの人は、、、ダイアナ・クラールは聴いたけど、面白くなかったです。ボーカルの人は結構MCの内容が好き嫌いに影響するのかななんて思います。旨いだけではつまらなくて、でも、音数がある程度多くないとつまらなくてと、最近は贅沢になってきています。

女性同士は確かに友達になりやすいですね。実は12日のライブはブログで知り合った女性に連れて行ってもらいました。
最初は桂さんのファンに男性なんていないのでは、と思っていましたが意外と多いのでびっくり。色々なところで桂さんについての書き込みを見るのですが、「小林桂のライブに行ったけど俺が女だったら一発で惚れる」というようなものをよく目にします。男性をも惚れさせる桂さんの魅力は凄いですね。
昔はshuheiさんはボーカルにこだわらなかったのですか。京子さんのところでボーカルを習っていたご友人がいらっしゃると言うことは、shuheiさんは京子さんとも面識があってお友達なのでしょうか?職場がライブ圏内だと、好きなときに行けるのでいいですね。羨ましい限りです。
私はボーカルとピアノが好きです。フュージョンは良く分かりません。オリジナルも当たり外れが激しいので今のところあんまり聴いてません。スタンダードナンバーだと多くの人がカバーしてるので聴き比べができて楽しいし、その人のスタイルというか雰囲気が分かりやすいので好きです。今は浅く広く聴いていて詳しくはないのですが、有名なものはとりあえず押さえたかな…という感じ。今、毎日更新してるJAZZの話もあえて書く必要ないのかな、とも思いますがそれはそれで後で見て楽しいかなと思って書いてます。せっかく生でJAZZを聴きに行くのだから、MCも含めてJAZZなんですね、きっと。桂さんのMCについての書き込みも軒並み好評です。JAZZの扉を開いてくれて桂さんのレベルが高いとなると、他が見られなくなりそうです。。。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://chibikuri.blog37.fc2.com/tb.php/46-f1406b20

 | HOME | 

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

栗

「趣味は早起き」と言いたくて朝の散歩をしていました。
今は早朝散歩より深夜徘徊ばかり??

栗(27歳♀)がお届けする早朝散歩メインの日記です。
朝の散歩に絞った広がらない話題をどこまで広げられるかが永遠の課題。
一枚の写真をメインに三行日記でほぼ毎日更新中。
四季の風景のほかに趣味の合気道とJAZZも書いてます。

直接私を知る方
間接的にネット上でのみ私を知る方
今始めてこのブログを見た方
コメントし難い日記になってますが
日記の内容と関係ないコメントでも
OKです。

コメント、リンク、トラックバック大歓迎。
アダルトサイトへのトラックバック等
不適切と判断した場合削除させていただきます。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。